車についた傷の修理方法について

車社会と言うこともあり、仕事や趣味で自動車を運転している人が増えています。自動車を運転する場合、注意して行う必要があります。車庫入れ、縦列駐車など、ある程度技能も必要です。運転を誤ると自動車に傷がついたりする場合もあります。自動車が傷ついた時は、自分で処置したり修理会社に依頼したりなど、その方法も様々です。最近は修理専門の業者の数も多いので、信頼できる業者に依頼してください。業者に依頼する場合、費用が気になります。ある程度の相場はありますが、破損状態などによって変わってきますので、まずは一度問い合わせしてみてください。また複数の業者を比較検討してみるのもいいでしょう。各業者で提供しているサービスも異なりますので、それぞれのサービス内容を確認して決めても遅くはありません。大切に車ですので、自分が信頼できるところに依頼してください。

愛車の洗車傷を修理するのに役立つもの

洗車は必ずやらなくていけないことです。しかし、どれだけていねいに行っても、無傷では済みません。多少の傷はつきます。濃い色の車やソリッドカラーの場合は、その傷が原因でボディの輝きが徐々になくなっていきます。鏡面コンパウンドで磨くようにすれば、きれいにはなるでしょう。しかし、わずかとは言え塗装面を削り取ってしまうわけです。どうすることもできないと頭を抱えるユーザーもいるでしょうが、落ち込むことも諦めることもありません。やっかいな洗車キズを修理するのに役立つワックスがあるからです。そのワックスの最大の特徴は、通常のワックスのような輝きを損なわずに、色がつくと言うところです。カラーバリエーションは豊富ではありませんが、非常に重宝するアイテムでしょう。ワックスはとても安いので、ストックしておくのも良い方法です。

車の浅い傷を修理する液体コンパウンド編

車のボディに浅いキズができた場合、ほとんどの人が塗装をしなくていけないと思うでしょう。しかし、必ずしも塗装をしなくてはいけないと言うわけではありません。浅い傷は塗装をしなくても修理できることが多いです。液体コンパウンドで消しましょう。コンパウンドと言うと、塗装面を削ることになるので避けたいと言う人も多いですが、頻繁に使わなければ全く問題ありません。1回の作業で削られるのは、わずか0.1ミクロンです。液体コンパウンドは研磨粒子の異なるものが3つあります。傷を消すのに使う場合は、研磨粒子の大きいものから使うのが絶対です。これは頭に入れておかないといけません。もちろん、スポンジは使うコンパウンドによって変える必要があります。そして、必要以上に力を入れてこすらなければ、傷は消えるでしょう。作業は簡単です。