車の傷を自分で修理してみる

車を運転している、間違えて擦ってしまったりして傷をつけてしまうことがあります。その度合いによって、修理の仕方に違いが出ます。深い傷の場合には、塗装をしただけでは目立ってしまうので、その部分を埋めることから始めなければなりません。そのため、パテをもってその部分を埋めていきます。その時にポイントになるのが、少し多めに持っておくことです。多めに持っておくことによって高さ調節ができてうまく形を整えることができます。そして、きちんと固まったらボディーカラーに合った塗料を塗っていきます。例えば、同じ白でもメーカーや車種によっては若干色が違います。そのため、カラーナンバーをみて購入する必要があります。そして、スプレータイプと刷毛タイプがありますが、大部分になるのであればスプレータイプが使いやすいです。逆にとりあえず直したいという時には、刷毛タイプを選ぶというように使い分けが必要です。

車の傷を早く修理してくれるお店があります

先日、車庫入れの際に車に傷をつけてしまいました。小さいキズだったため放っておこうと考えていましたが、放っておくとサビの原因になってしまうから早めに修理を依頼したほうがいいと、友人からアドバイスを受けました。そして、クルマの修理を行っているお店を教えてくれました。さっそく行ってみると、クルマのキズを短時間でスピーディーに修理してくれるお店だとわかりました。しかも、予算よりもかなり安い料金で対応してくれて感激しました。一日クルマを預けるつもりでいたのですが、その日のうちに傷がきれいになって助かりました。友人もクルマのメンテナンスを依頼したいときはいつもこのお店を利用しているそうなのですが、リーズナブルな料金で早くきれいに仕上げてくれるのでお勧めだと言っていました。今回とても満足できたので、また機会があれば利用したいと思っています。

車を傷つけた時、修理の優先順位は金額か安心か

地方に住む私にとって欠かせないのが自動車です。大事に乗っているんですが、先日、少しぶつけてしまいまして、修理に出す事になりました。大した傷ではありませんでしたので費用は余りかからないかなと考えていましたが、想像以上の金額でかなりびっくりしました。理由を聞いたら理解は出来るんですが、それでも何とかならないかと考え修理は一目保留にしていくつかの会社で見積もりを取りましたら、大きな開きは無かったものの、それでも金額に多少の開きはありました。安いけど、不安な応対の所もあれば、安いけど時間がかかる所もあって今いち決め手にかけ、すごく悩みました。最終的には、金額的には他より少し高いけど、対応もしっかりしていそうなところにお願いし、きちんと修理してもらい、快適に乗れています。大事な車だったんで奉額だけではなくその後安心して乗り続けられる様直して欲しかったので大満足です。